2016年12月の記事 (1/1)

今年も最後。

 練習絵144 

さて、いよいよ今年も最後となりましたね。
しかし、最後の最後でまた風邪気味になりました・・・。
エアコンつけっぱなしで寝てしまい、おまけに加湿器を入れるのを
忘れていたので喉があっさりやられました・・・。
僕の場合風邪引く時は喉から大抵やられるので
あー、やっちまったなぁ、と。

さて、前回とほとんど変わってないですけど、完成しました。

個人的な感想としては、やっぱりまだまだ甘いですね。
前回の霊夢のほうが良い感じがするのは「逆光」という状況が
たまたまそれっぽくマッチしたからよくなってるような感じがしたのかな、と。

練習絵148 落書き33 

ツイッターでフォロワーさんにシャル描いてと頼まれたので
とりあえずラフまで描きました。

あざといんだよなぁこのキャラ・・・w

このキャラ2年前にも描いてたのでその時の比較も。
うん、いいんじゃないかな。
どちらも同じ1時間ですが、右はフィギュアの模写です。
最近ラフの描き方がグッとよくなったと自負しています。
どちらもラフですが、描き方が柔らかくなったと思うのです。


では、今年も残りほとんどありませんが、良きお年を。

中途半端な根性は足枷となる・・・。

 練習絵144 


グリザイユを終え色をオーバーレイで置いてます。
これにあとは乗算で影を塗って光を加えたり微調整を加えて終わりとなりますなw


今ではほとんどありませんが、以前は

「1日に〇時間、〇枚は絵を描くぞ!!」

と意気込んだ目標を立てていました。

1日に使える時間が〇時間あるんだが、風呂、トイレ、飯とかを除いて
ちょっと自由時間や休憩を入れても〇時間は絵描けるもんな!!

・・・なんて考えてましたけど、いやこれ無理ですわ(苦笑
よっぽど根性がある人ならできるかもしれませんが、これができるなら
自分は学生の頃から超絶優等生となってたことでしょうねw

今でもある程度「これだけ描こうかな、というやんわりとした計画は立ててますが
できなきゃできないで構わないってくらいの気持ちでやってます。
前は「やべぇ、前日の目標達成してないからその分もやらないと・・・」となって
結局できずに「畜生・・・」となってましたね。

結局そういう中途半端な目標と根性が足を引っ張ってたんだなぁ、と
今では思います。

描けなきゃ描けないで構わない くらいの気持ちでやってる今のほうが
絵を楽しく描けてますし、枚数も多く描けてますね。


来年もそんな気持ちで挑みたいものですw

練習絵147 

・・・で、それとは別でこれはラフです。
サラッと纏まったラフを描けるようになりたいのでちょっと顔の練習もかねて。
70度の顔全然描けないなぁ・・・。

あー、それと服。
これもどうにかしたい。単純なTシャツとスカートだけでも
本当に上手い人が描くととんでもないからなぁ・・・。
基礎から鍛えないと東方の服とか難しいんだよ・・・。

集中力が続く時間。

 練習絵144 

さて、グリザイユにまた着手しましてん。
前回の霊夢の塗りの強化版を目指して・・・。


それはそうと絵を描く時の集中力って僕はMAXでも2時間ぐらいが限界なんですよね;
ついついネット徘徊したりアマゾン見たりしたり漫画読んだりしてしまう・・・。

練習絵145 

久しぶりにえちぃ絵を描きました。
ラフ絵をある程度まで完成させてから一晩放置します。
描いた直後だと「イケるやん!?」となってしまうので
放置することで冷静な心を取り戻そうかとw

なんか見たことあるようなポーズだなぁ、これ前に描いたことあるようなポーズだなぁ、とか
思いましたけど、前にも似たようなポーズ描いとりましたわw

練習絵146 

あとは顔の落書きですねw
サクサクッとw
模写でシュパパッと描きました。

グリザイユ本来の強みとは・・・。

 練習絵138 

前回から特に大幅な進捗はないですが、一応完成しました霊夢です。
今回は個人的に好みな塗りに近づけた一枚かな、と。
鉛筆風味のラフ絵を残しつつ、厚塗り風味の中にもスッキリした感じを出せたかな、と。
とはいえ割と偶然の産物なのでこれを次でも同じようにできるかは謎。

グリザイユって色々な人の講座見てると

「時間短縮」

これを主な目的としてやってる人がほとんどなんですよね。

ただ僕の場合

「いや、普通に時間掛かりますやんけ」

と思ってましたが、今回

「あれ、もしかして時間短縮できるかも・・・」

と思える発見があったので次の絵でやってみようと思います。


練習絵144 


これがその次の絵。
ラブライブより東條希です。・・・あんま似てないっすけど;

余談ですがこのキャラ、初期設定の方が俄然可愛い気がするんですけど
ちまたではネタで「スピリチュアルデブ」とかなんてひどいことを
と思いますが、初期設定の方が可愛い・・・と、個人的には思ってしましまう。

ハイブリッド塗りとかいうのが興味ある。

 練習絵138 


さて、風邪もだいぶ治ったので霊夢さんの続きに着手。

うん。ちょっと今日気付いたんですけどね、こういう塗りとして確立されつつある気がするw
と、いうのもグリザイユを外してもオーバーレイを外しても乗算を外してもラフを外しても、
どれか一個でもレイヤーフォルダを表示させないとこういう塗りにならんのですよ。

完全な厚塗りではないですが、鉛筆のラフ線をあえて残すことによって
厚塗り風に塗りつつも、本格的な油絵っぽくないあっさりした塗りができつつあるような・・・。

いや、勿論まだまだ技術的には粗削りにも程があるんで確立なんてほざけるレベルじゃないんですけどね(苦笑

練習絵143 
練習絵142 


もう2枚落書きをw

練習の中でも30秒ドローイングは結構な苦痛を伴います。
僕の中では10体描くだけでもしんどいのですが、役立つ練習ではあると思うので
サボらず10体くらいは描いていきたいもんですねw

30秒ドロに比べたらフィギュアの素体模写の楽しいこと楽しいこと・・・。

あと相変わらず顔が可愛く描けねぇんだよなぁ・・・。

体調管理の大事さ・・・。

風邪をひきました・・・・。
元々1年に1回くらいは熱を出すタイプでしたが、今回は
地味に治りが遅い・・・。

例年通りなら1日熱出して、次の日に回復でしたけど
妙に治りが遅い;

若い時と同じようにはいかないということなのだろうか;

寒色に暖色、そして色味か・・・。

 練習絵137 

とりあえずフランが完成しました。
うん、個人的にはちょっと良い感じにできたかな、と。

偶然の産物でしたが物体を発光させるやり方を会得しました。
前回のフランは羽が光ってませんでしたが今回は光らせることができましたw

でもって、友人に絵を見せたところ

「勿体ない」

との評価。
どうやらちょっとだけ自信のあった「グリザイユ塗り」の時点で
暖色と寒色を意識してないねと言われちまいました;

なんだそりゃ、と思ったら暖色と寒色によってモノクロでも濃度が違うっぽいようなことを
言われたっぽい?;

ちとここらへんは調べておかないとな・・・。
んで、コメントにも色を置くだけじゃなくて色を変えて影や光を
やってみるとよさげちっく的なことを教えてもらいました。

おそらくその技術にカラーサークルを弄りながら
「その色の光と影」を探し出して塗っていくっぽいと推測。

・・・多分;

練習絵136 

あ、その友人に横顔がへたくそぉおおおと言われたので
練習しました。


練習絵138 

ちなみに次塗る霊夢も横顔にしてみました。
腕がちと長い気が・・いや・・だがしかし・・・。



上達目指して・・・。

 練習絵134 練習絵135 


さて、前回のフランです。
相変わらずグリザイユの時点ではそれっぽいものが出来上がって気だけします。

で、塗り、塗りがねぇー。どーにもねぇー・・・。
色を置くとガッカリ感というか、グリザイユ塗りで上手い人が完成した時の
クワッ!! ドンッ!! みたいなあれがないんですよ、はい。


・・・それはそうと、よく本で「あの人の塗りを全公開!!」みたいな謳い文句で
買って読んでみると

「なんとなく良い感じになるように塗っていきます」

「やわらかい部分なのでそれを意識して塗っていきます」


・・・あのよ;
これやめてくれ;

具体的に使っている筆はこれで、数値はこれです。
色はこれです。
この部分の色の濃さは好みによるので自分が良いなと思った濃さにしましょう。
やわらかい部分を塗る時は色の濃淡をハッキリさせてしまうと固く見えてしまうので
馴染ませるように筆圧を弱めで塗っていきます。具体的にはこうです。(写真で濃淡を
ハッキリさせたVerと弱めで塗った比較画像)

これをもっと具体的に、教本なんだから更にわかりやすくお願いしたい・・・。
こっちは技術を盗みたくて本を買ったわけであって

「へぇー、うまいなぁーw 全然参考になんねーやw」

ってなるために買ってるんじゃないってばよ!w

新しい技術を取り入れないとこのまま塗りのレベルがここで止まってしまう・・・。

フルーツグラノーラうめぇ

 練習絵133 

フランを塗り終えました。
うん、ちとグリザイユ部分の明暗を濃くしてみたらどうだろう、と考えたら
こうなりました。

うーん、もう少し昇華させればまともに見えるかもしれませんが
今現在じゃまだまだですね。
ただ明暗を濃くするとこうなるっていうのがわかったのは発見でした。

練習絵134 



・・・で、次のフラン。
もう一度フランでリベンジだ!
月を見上げるフラン みたいなイメージでw