上達目指して・・・。

 練習絵134 練習絵135 


さて、前回のフランです。
相変わらずグリザイユの時点ではそれっぽいものが出来上がって気だけします。

で、塗り、塗りがねぇー。どーにもねぇー・・・。
色を置くとガッカリ感というか、グリザイユ塗りで上手い人が完成した時の
クワッ!! ドンッ!! みたいなあれがないんですよ、はい。


・・・それはそうと、よく本で「あの人の塗りを全公開!!」みたいな謳い文句で
買って読んでみると

「なんとなく良い感じになるように塗っていきます」

「やわらかい部分なのでそれを意識して塗っていきます」


・・・あのよ;
これやめてくれ;

具体的に使っている筆はこれで、数値はこれです。
色はこれです。
この部分の色の濃さは好みによるので自分が良いなと思った濃さにしましょう。
やわらかい部分を塗る時は色の濃淡をハッキリさせてしまうと固く見えてしまうので
馴染ませるように筆圧を弱めで塗っていきます。具体的にはこうです。(写真で濃淡を
ハッキリさせたVerと弱めで塗った比較画像)

これをもっと具体的に、教本なんだから更にわかりやすくお願いしたい・・・。
こっちは技術を盗みたくて本を買ったわけであって

「へぇー、うまいなぁーw 全然参考になんねーやw」

ってなるために買ってるんじゃないってばよ!w

新しい技術を取り入れないとこのまま塗りのレベルがここで止まってしまう・・・。

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示